過食嘔吐から守るには

過食嘔吐になる原因とは

トップ / 過食嘔吐になる原因とは

過食嘔吐にならないように注意 

過食嘔吐とは、食べ過ぎて気持ち悪くなり吐くことを繰り返す病気です。その主な原因は過剰なストレスに有ると言われています。何かの要因で食べることでそのストレスを発散するようになりますが、胃が拒絶反応を示し食べたものを吐き出してしまいます。そして胃が空腹感を憶えるのでストレス発散と相まってまた食べることを繰り返し、また吐くことを繰り返すといった症状です。過食嘔吐を続けると、胃や食道を痛めることになり、最悪の場合胃液の過剰分泌により胃潰瘍などになる危険も有るのですぐに対策したいものです。

心療内科とはどのようなところか 

心療内科とは、病気を身体だけではなく心理面や社会面などを含めてそれらの関係性を見ながら総合的、統括的に診て身体や心の不調を治療していくところです。一般的な内科の中でも狭心症などの心臓疾患は循環器内科、胃潰瘍や胃炎などは消化器内科、喘息は呼吸器内科などがありますが、病態が複合化して慢性的病態や生活習慣病、機能的病態が増えてきて、そう言った専門内科だけでは対応できなくなった病気にも適切に対応できるのが心療内科なのです。