インプラントについて

インプラントと言えばここ

トップ / インプラントと言えばここ

インプラント治療と痛みについて 

インプラント治療はあくまでも手術なため痛みについて心配する人は多いのではないでしょうか。インプラント手術を行う場合には局所麻酔で行われるのが一般的です。健常な人に対する手術時間はそれほど長くないため、局所麻酔でも痛みなく手術を行うことができます。痛みに大きな不安がある場合や、治療時間がかかる場合には静脈内沈静法という麻酔を利用している歯科もあります。この麻酔を行うと意識がぼうっとしているうちに手術が終了します。この場合は麻酔医がついて全身管理をしてもらうことが出来るので安心して大丈夫です。

歯を失った人の為のオールオン4 

オールオン4は、事故などで全ての歯を失った人向けに開発されたインプラント治療の様式です。このような場合、これまでの治療では、失った歯1本一本にそれぞれインプラントを埋め込んでいたので、費用的にも体力的にも大変な治療になっていました。対してオールオン4では、埋め込むインプラントは4本だけです。その4本に連結した歯を装着することで、ちゃんとものが噛めるようになるのです。埋め込むインプラントの量が少なくなった分、費用も手術の負担も少なくなり、より多くの人が受けられる治療となっています。